この記事には広告が含まれています
やばい

車のナンバーで一桁はやばい?心理ややばい運転をする人が多いか調査

夜の信号に泊まる車

車のナンバーは新車を買う時であれば、好きな番号をお金を払い、その番号が空いていれば自分の愛車につけることができます。

連番やラッキー7のように車ナンバーを一桁にしている方もいれば、自分の誕生日や名前を数字に例える人もいますよね。

私もずっとラッキナンバーや結婚記念日などを愛車のナンバーにしています。

でも唯一、一桁のナンバーをつけたことはなかったので、今までどんな方がつけているか興味がありました。

もしかして一桁がやばい人なのかもと思っていたりもしていました。

今回はそんな車の一桁のナンバーがやばい?一桁のナンバーをつけている方の心理や、運転もやばい運転なのか調べてみました。

車のナンバーで一桁はやばい?

赤い車

車のナンバープレートの一桁が「やばい」とされる理由やその影響については、一般的な心理学的な研究や統計データはありません。

そして、車のナンバープレートの数字や文字が運転者の性格や運転の質を決定するという科学的な根拠もないのです。

ただ勝手な印象なんでしょうが、明らかな希望ナンバーって目立ちたいのかなって思ってしまう方も多いようです。

と思ってしまったり、荒い運転をする人のイメージが強いようです。

やはりちょっといいイメージがない一桁ナンバーですが、それでもつけたいと思う人の心理はなぜでしょうか。

 

車のナンバーが一桁の人の心理は?

頭を抱える男性

車のナンバーが一桁の人の心理について一般的な特徴を特定することは難しいですが、いくつかの仮説などがあります。

 

  • ①自己主張: 一桁のナンバーを持つ人は、自己主張や自己表現の欲求が強い場合があります。自分の存在や個性を強調することに興味があり、他の人々との違いを示す手段としてナンバープレートを一桁にするのかもしれません。
  • ②優越感: 一桁のナンバーを持つことは、一部の人にとって特別な地位や優越感を感じさせるかもしれません。自分が他の人よりも特別であると感じ、自尊心を高めるためにナンバーを一桁にするのかもしれません。
  • ③独立心: 一桁のナンバーを持つ人は、他の人とは異なることを好む場合があります。なので一桁のナンバーにすることによって自分は他人と違うというところを見せつけたいのではないでしょうか。

 

これらの特徴から完全に普通の人ではなく、運転がやばい人だったり、ちょっと変わった人が運転しているイメージが上がりますよね。

車のナンバーが一桁はやばい運転をする?

運転席で瓶を開ける

それでは本当に一桁ナンバーの車はやばい運転をするのでしょうか?

SNSを調べてみたところ、下記のような投稿がでてきました。

中には警察から職質されていると書いてあるものもあり、警察に目をつけられるということはやはり運転がやばい方が多いのでしょう。

車のナンバーで一桁はやばい?心理ややばい運転をする人が多い?まとめ

シルバーの車

今回は車のナンバーで一桁はやばい?心理ややばい運転をする人が多い?についてまとめてみました。

実際は、やばい運転をする人が多いというのは、科学的根拠や心理学的根拠はないので偏見になってしまうところはありますが、一桁ナンバーは少しイメージは他のナンバーより危険なイメージが強いようですね。

確かにSNSで「近づくな!」などの投稿は多いですが、ナンバーに関わらず、危ない運転をする人も多いので、ナンバーが一桁でなくても、安全に運転してほしいですね。