この記事には広告が含まれています
やばい

効果測定で落ちるとやばい?落ちる人の特徴や不合格だとどうなるか調査

自動車免許教習所で、免許取得のために受ける効果測定。 仮免学科試験と本免学科試験の前に行われる模擬試験になります。

この効果測定で落ちるとやばいのでしょうか? これから教習所に通う予定の人にとって、一体どの程度で不合格になるのか、気になるところですよね。

お金もかかることですし、スムーズに合格したいものです。

ここでは試験に落ちる人の特徴や不合格だったらどうなるのか、検証します。 効果測定で落ちるとやばいのか、この記事を読めば一目瞭然です。

効果測定で落ちるとやばい? 不合格だとどうなる?

 

男泣く

まずは仮免前の効果測定。1段階の学科試験です。 ここで落ちてしまうとやはり悔しいですよね。

効果測定で落ちるとやばいのでしょうか?

結論から言うと、
落ちても特にペナルティはなく再度受験はできます。 とは言え当然のことながら、
合格するまで仮免許は取得できず2段階に進めません。

だらだらとそのままでいると教習所に通う期間が長くなります。 最初に教習を受けた日から9ヶ月が教習期限と決められていますよ。

また再受験の費用は2000~3000円程なので、受験費用が高くなってしまうのは仕方ありません。 1日の最大受験回数は3回までと決められています。

不合格になると、再受験に必要な書類が記載されているのでそれらを集めて、再度受験を申し込む形です。 申込期限があるので守りましょう。

受験できる回数にも期限が設けられていますよ。 永遠に効果測定を受けられるわけではありません。

何回受けても落ちてしまう場合は、一定期間運転できなくなるケースもあるので要注意です。

 

効果測定で落ちる人の特徴や確率は?

試験の勉強

効果測定に落ちる人には共通点があると言えます。あなたは大丈夫ですか?

落ちてしまう確率なども見ていきましょう。

落ちる人の特徴

試験に落ちやすいタイプは以下になります。

  1. 勉強不足
  2. 指示やルールを守れない人
  3. 緊張しやすく焦りや不安が大きい人
  4. 注意力が散漫で集中できない人
  5. 試験の時間配分が苦手な人

試験に落ちる最も大きな原因が勉強不足です。

運転するためには数々の交通ルールやマナーの知識を覚えなくてはなりません。ただ運転技術があるだけでは危険ですよね。それなりの勉強時間が必要ですね!

また効果測定では指示通りに実行することが基本になります。自分勝手な判断をしがちな性格の人も、失格になりやすいです。

試験はやはり緊張しますよね。プレッシャーや焦りは、その人のパフォーマンスに悪影響を与えます。

緊張しやすい人は、深呼吸するなどリラックス法を身に付けておくと安心ですね!

試験を解くのに欠かせないのが集中力です。だんだんと集中できなくなってくると、誤った判断をしてしまいます。

集中力はいざ路上で運転するときにも必要不可欠です。日頃から運動や瞑想などで意識を集中させるトレーニングをするのも良いですよ!

さらに、試験は時間が限られています。あまりにもゆっくり取りかかっていると時間がなくなります。時間配分できるかどうかも、合否の鍵を握るでしょう。

落ちる確率

一般的に、効果測定の一発合格率は20%だと言われています。けれども教習所によっても多少落ちる確率は異なるようです。

仮免前と卒研前、それぞれの効果測定は試験時間も問題数や合格点も異なります。以下を参考にしてください。

<仮免前の効果測定>

試験時間30分間:全50問/45点以上合格

<卒研前の効果測定>

試験時間50分間:全95問/90点以上合格

試験は仮免前も卒研前も、どちらも全問〇✕回答の常識問題ですよ。いろいろ回答を書くわけではないので、少し気が楽ではないでしょうか?

教習所の教科書をとにかく読んで、大切な事項を暗記することがポイントです。一発合格目指して頑張ってみましょう。

効果測定に一発で受かる方法は?

女性OK

効果測定に一発合格する方法は、結論から言うととにかく繰り返し勉強をしておくことしかありません。

具体的に、以下のようなやり方があります。

  • 繰り返し復習
  • メモする習慣
  • 自己分析
  • 模擬試験を受ける
  • 自信を持つ

効果測定の問題は、学科で習った範囲からの出題となります。とにかく習ったことを繰り返し復習することが対策です。

そして、間違えそうな箇所や重要ポイントは付箋などにメモしましょう。メモ帳を作るのも良いですね!

通学通勤の電車内で、メモを見て復習できます。覚えにくい内容は、メモをトイレに貼っておくのもひとつですよ!私もこのやり方で頑張りました。

今や教習所も、インターネット学科教習システムを導入している所も多いです。利用できるのであれば積極的に使いましょう。

非合格になったときに大切なのは、自分の弱い部分を把握することです。そのためには客観的に自己分析をするのがおすすめです。

次回の試験で過ちを繰り返さないためも、反省点を箇条書きにしてみるのもひとつの方法と言えます。

模擬試験も受けて次回に備えておけば、あとは自信を持ってトライするのみです!

効果測定で落ちるとやばい?落ちる人の特徴や不合格だとどうなるか調査!まとめ

運転学ぶ

愛車でドライブできる日に向けて頑張っている皆さん、どうでしたか?

効果測定で落ちるとやばいのか気が気じゃなかった人も、安心できたのではないでしょうか。

しっかり学科の復習をしておけば大丈夫ですよ。試験は〇✕回答のみの常識問題。

落ちてしまっても、再受験費用はかかるものの教習を受けた日から9ヶ月以内に合格すれば大丈夫だと分かりましたね!

免許取得できたらどこに行ってみたいですか?憧れの愛車ドライブを夢見て、まずは効果測定クリアを目指しましょう!