この記事には広告が含まれています
やばい

ガールスカウトはやばい?親が大変の実態を調査!

「ガールスカウト」と聞くと、どんなことをイメージしますか?

おそろいの制服や、アクティブな野外活動などが挙げられるでしょうか。

「親とでは出来ない経験をさせてあげられそう」「子供をガールスカウトに入れてみようか」と考えたことのある保護者の方もいるかもしれません。

しかし、ガールスカウトがやばいと言う人もいます。

この記事では、ガールスカウトのどんばところがやばいのか、噂の実態について調べてみました!

ガールスカウトとは?

円陣を組む

ガールスカウトとは、そもそもどんな団体なのでしょうか?

よくわからないという方へ、その概要についてご紹介します。

創設と拡大

ガールスカウトは、ボーイスカウトに続いて発足された組織です。

1908年、イギリスで元軍人のロバート・べーデン=パウエル卿がボーイスカウトと呼ばれる青少年の組織を創設し、その数年後に妹のアグネスらが中心となってガールスカウトを創設しました。

その後世界へと拡大し、「少女と女性のための世界最大の団体」と称されるようになりました。現在は、153の国と地域に約880万人の会員がいます。

日本では47都道府県に拠点があり、会員数は約3万人です。

対象年齢

就学前1年(年長)~成人まで。

子供だけでなく、大人も会員になれることを知らない方も多いかもしれませんね。

活動内容

週末を中心に、月2~3回程度の定期的な集まりがあるようです。

地域や団体によって異なりますが、大まかには以下の4つの活動があります。

  • 各種イベントの企画
  • 野外キャンプ活動
  • 地域などへのボランティア活動
  • 他のガールスカウト団体(海外も含む)との交流会

活動の趣旨は、以下です。

ガールスカウトは「自己開発」「人とのまじわり」「自然とともに」の3つを活動のポイントとして活動に取り組みます。少女と女性のみの環境では、重い荷物があっても工夫して皆で運ぶ、物事を進めるときは話し合って民主的に決めるなど、さまざまな体験の場があります。そのことは少女たちの実行力、コミュニケーション能力、リーダーシップ能力を培います。

引用:公益社団法人ガールスカウト日本連盟

女性ならではの特徴を踏まえつつ、仲間とともに様々なことを経験し、人間として成長することを大切にしているのですね。

ガールスカウトがやばいと言われる理由2つ

少女達

ガールスカウトがやばいと噂されるのはなぜでしょうか?

その理由は以下の2つと考えます。

  • 親が大変
  • 宗教じみている

一つずつ見ていきましょう。

親が大変

ガールスカウトは、親の負担が大きいことを不安に思う保護者が多いようですね。

具体的に「大変そう」と思われることは、以下が挙げられます。

  • 子供の送り迎え
  • 費用
  • 保護者の役員活動

子供のサポートをしたいと思っていても、仕事などで忙しかったり、保護者同士の関わりが出来ることにためらいがある人もいるようです。

宗教じみている

結論から言うと、
ガールスカウトは宗教団体ではありません。

宗教団体ではないかと誤解されるのは、以下のような理由があるためです。

  • キリスト教信者の多いイギリスが発祥であるため、活動理念の中に「神」という言葉が出てくる
  • 運営母体や活動拠点が、寺社や教会になっている団※もある

※「団」とは、ガールスカウトで活動拠点を同じくするグループのことです。

特定の宗教を推奨されたり、寄付を迫られるようなことはありません。

どうしても宗教との関わりが気になる方は、運営母体が寺社や教会でない団を選ぶとよいでしょう。

ガールスカウトのデメリットは?

運転

仲間との様々な経験を通して、人間的な成長が期待できそうなガールスカウト。

そのデメリットについても、知っておきましょう。

親の協力が必要

多くの保護者が気になる点かと思いますが、
親の協力は不可欠です。

まず、子供の送迎は、どの団体でも小学校低学年くらいまでは必須。

一方、保護者の活動は、その地域の団体によって負担の大きさにかなり違いがあるようです。

Q4:保護者の付添いは必要ですか?

ガールスカウトの活動は、少女たちの活動を大人が見守り、支えることによって成り立っています。
活動そのものは、ガールスカウトのリーダー資格を持った成人指導者のもとで行います。
保護者の方にはできる範囲でのご協力をお願いしております。

引用:公益社団法人ガールスカウト日本連盟

人手が必要なイベント時に、引率などの手伝いをする団が多いようですね。

しかし実際にどの程度の負担があるかは、個々の団体に問い合わせるしかなさそうです。

せっかくの週末、ダラダラと過ごしたいですよね。
ただ、子供とガールスカウトでの活動に参加して、充実した時間を共有することも貴重な思い出になるかもしれませんよ。

費用がかかる

費用も地域や団により異なりますが、大まかな費用は以下です。

日本連盟会費 年4,000円
保険料 年450円
都道府県連盟年会費 年3,000円前後(都道府県による)
団活動費 月1,500円前後(団による)
ユニフォーム代 15,000円前後(団による)

その他にもキャンプ積立金や、教材費などがかかります。

基本的にはボランティアで運営されているため、
一般的な習い事と比較しても割安な方ではないでしょうか。

活動が性に合わない場合もある

どの習い事にも言えることですが、
ガールスカウトが向いている子と向いていない子がいます。

なかなかグループになじめなかったり、活動を憂うつに感じる場合は、無理に続けるべきではないでしょう。

ガールスカウトはやばい?親が大変の実態を調査!まとめ

キャンプ

今回は、ガールスカウトがやばいと言われる理由について調べました。

以下が、まとめです。

  • ガールスカウトには、仲間とともに様々な経験が出来るプログラムが用意されている
  • ガールスカウトの活動に、親の協力が不可欠なことは事実
  • ガールスカウトは宗教団体ではないので、混同するのは間違い

独自の理念のもとに活動している団体ですが、その理念は至極真っ当なものです。

また、参加すれば普段の生活からは得られない経験が出来ることは間違いありません。

気になっている方は、まずはお近くの団を体験してみることをお勧めします。