この記事には広告が含まれています
やばい

ハイライトのタバコはやばい?イメージはおっさんタバコ!?

最近はアイコスの紙タバコを吸う人が目立ちますね。

そんな中、今も尚歴史の古いヘビーなタバコを愛煙している人も見られます。その代表が、ハイライトですね。ラム酒着香のタバコとしても知られているようです。

そんなハイライトのタバコがやばいと言われています。一体どのようにやばいのか調査してみました。

中には「おっさんタバコ」と言う人もいます。果たして現状はどうなのでしょうか?本当にハイライトのタバコはやばいのか要チェックです。

ハイライトのタバコはやばい?

ハイライトのたばこ

属に言うハイライトのタバコには、レギュラータイプとメンソールタイプがあります。

このハイライトのタバコがやばいと言う声が多いです。その理由として挙げられるのは3点。

  • タール数がやばい
  • メンソールの美味しさがやばい
  • デザインがやばい

順に見ていきましょう。

タール数がやばい

結論から言うと、ハイライトのタール数はやばいです。現在販売されているタバコの中でも17mgと、かなりタール量は多めとなっています。

値段 520円
タール量 17mg
ニコチン量  1.4mg

これだけではピンと来ませんね。ほかのタバコと比べてみましょう。

銘柄名 ニコチン量 タール量
マールボロ 0.9mg 12mg
メビウス 0.8mg 10mg
ハイライト 1.4mg 17mg
ラッキーストライク(ボックス) 0.5mg 6mg

この表で分かるように、タール量は17mgとハイライトがダントツで多いです。

タール量が多いことで強い吸いごたえを実感できます。愛煙家にとってはこのガツンとくる味わいがたまらないのです。初心者にはきついでしょうね。

まさにベテランの域のスモーカー向きタバコと言えます。

肺喫煙だとタバコ感の強さをガツンと感じれる目覚めのタバコであり
口腔喫煙だとラム酒のほのかな味わいも感じれる二刀流タバコ
椎名林檎もかつて愛用してたタバコなのでメンヘラはオプパとかいうガムみたいなお笑いタバコ吸わずにハイライトを是非
1箱520円(2024年現在)と他のタバコと比較しても安いのもオススメポイント

引用:SAKURANBO

メンソールが美味しい

ハイライトがやばいと言われるもうひとつの理由が、メンソールが美味しい点です。メンソールはハッカ系で、吸うとヒンヤリした空気が入ってきます。

まずハイライトメンソールのニコチン・タール量を見てみましょう。

値段 520円
タール量 10mg
ニコチン量 0.8mg

メンソールでも吸いごたえがあります。そしてラム酒のような独特な香りがするようです。清涼感とのバランスが最高とのこと。

ハイライトのメンソールはまさに、美味しくてやばい、吸い過ぎてやばいということになりそうです。

パッケージデザインがやばい

ハイライトのタバコがやばいのは、デザインが素敵過ぎるからという意見もあります。

83歳で亡くなられた和田誠さんのデザインです。

和田誠さんは、本表紙など多く手掛けているイラストレーターです。シャンソン歌手で料理愛好家の平野レミさんの旦那さんとしても知られています。

ハイライトのパッケージは、和田誠さんが青年時代に手がけたモダン・デザインの代表作です。

この独特な水色は当時「ハイライトブルー」と名付けられ、東海道新幹線0系電車の車体色などいろいろなアイテムに取り入れられていました。

タバコは吸わなくても、デザインが気に入って保管している人まで。

ハイライトのパッケージに対する評価はかなり高いと言えそうですね。

ハイライトのタバコを吸っている人のイメージは?

タバコ吸う

タール量が多いハイライトのタバコ。好んでハイライトを吸う人にはどのようなイメージがあるのでしょうか。

世間一般には、タール量が多いことからハイライトは「無骨なタバコ」。これを吸う人はまずかなりの愛煙家だと言えます。初心者には無理ですもんね。

喫煙歴が長くてワイルドな人が吸うイメージがありそうです。真の愛煙家と言われる人達ですね。

実際に吸っている人がミュージシャンが多いため、アーティスティックなイメージを持つ人も少なくありません。

とは言え今や紙タバコの時代となっています。ハイライトの愛用者は60年代~70年代。ですので現在においては、「おっさんが吸うタバコ」と感じる人も多そうですね!

ハイライトを吸っている芸能人は?

有名人たばこ

実際のところハイライトを吸っている有名人にはどんな人がいるのでしょうか。

  • 山田孝之さん
  • 吉田拓郎さん
  • 桑田佳祐さん
  • 矢沢永吉さん
  • 高田純次さん
  • 火野正平さん
  • 高橋幸宏さん
  • 柳ジョージさん
  • 成海璃子さん
  • 椎名林檎さん
  • 中森明菜さん

ザッと並べてもたくさんの有名人が吸っていますね。

桑田佳祐さんはハイライトのタバコをくわえながらギターを弾いていたこともありました。けれども病気を経験したこともあり1999年に禁煙。

矢沢永吉さんも若い頃からハイライトの愛煙家です。「10m先のタバコ屋にキャデラックで行ってハイライトをサクッと買って帰りたい」という夢を語った話は有名です。

2011年に亡くなった柳ジョージさんも、ハイライトを吸っていたんですね。

「東京時変」のボーカル椎名林檎さんも吸っていましたが、2004年頃から禁煙を開始しています。

中森明菜さんもハイライトが似合いますね。

ハイライトのタバコはやばい?イメージはおっさんタバコ!?まとめ

タバコと灰皿

タール量17mg、ニコチン量1.4mgのハイライト。タール量がやばいのはよく分かりましたね!人気のメンソールも吸いごたえがあるようですね。

桑田佳祐さんをはじめ多くの有名人が愛したタバコであり、アイコスがトレンドの現在でもハイライトから離れられない人は多いことでしょう。

とは言えやはり、タール量17mg。ハイライトのタバコがやばいのは事実です。

カッコいい愛煙家でい続けるためにも、あなたの体と相談しながら吸うようにしましょうね。