この記事には広告が含まれています
お役立ち

アイスリングは冷凍庫に入れっぱなしで大丈夫?使わない時の保管方法を紹介

暑くなると首元を冷やしてくれるアイスリングが活躍します。

アイスリングはダサいといった声もありますが、レジャーには勿論、寝るときや風邪を引いたときにもひんやりして役に立ちますね。

さてこのアイスリング、夏が終わると来年まで冷凍庫に入れっぱなしで大丈夫でしょうか?どこに置いておけば良いのか分からない人も多そうですね。

ここではアイスリングについて、使わないときの保管方法を紹介します。

アイスリングは冷凍庫に入れっぱなしで大丈夫か見ていきましょう。

アイスリングは冷凍庫に入れっぱなしで大丈夫?

氷溶ける

アイスリングの保管方法について、
夏場使用する間は冷凍庫保管で、夏が終わると常温保管が正解です。

夏場、使う間は冷凍庫に保管して問題ありません。

しかし夏が終わると、冷凍庫に長期間入れておくと凹みができてしまいます。品質は問題ないですが、凹んだまま変形すると来年の夏に使うときが困りますよ。

使わない時期は、冷凍庫に入れるのはやめましょう。

それではどのように保管すると良いのか、詳しく見ていきます。

アイスリングを冷凍庫に入れっぱなしにするとどうなる?

冷凍庫食料

アイスリングを長期間冷凍庫に入れっぱなしにしておくと、以下のような状況が起こりやすいです。

  • においが気になる
  • 品質は問題ないが、形が変形する
  • 変形した形を無理に整えると劣化が進む
  • その結果、リングが一部破裂することも

商品によっては「3ヶ月以上冷凍庫で保管すると劣化が早まる」など細かい記載があるアイスリングもあるので、指示に従いましょう。

常温保管がアイスリングを長持ちさせる秘訣です。

アイスリングは冷凍庫か冷蔵庫どっちで保管?

冷蔵庫食料

結論を言うと、アイスリングは冷凍庫でも冷蔵庫でもどちらで保管しても大丈夫です。

アイスリングは一般的には

  • 冷凍庫の場合10〜15分程度
  • 冷蔵庫の場合15分〜20分程度

冷やすと凍結状態になります。

どちらの方法でも問題ないですが、冷凍庫に冷やすと冷た過ぎるという声もありました。


冷やす時間などと相談して、冷凍庫にするか冷蔵庫にするか判断すれば良さそうですね!

28度以下で自然に凍結するというアイスリングも中にはあります。

 

アイスリングを使わない時の保管方法は?

アイスリングを使わないときの保管方法の留意点は以下になります。

  • 長期保管前に、ハンドソープや中性洗剤で優しく本体を洗う
  • 雑に洗うと液漏れの原因に
  • 水気をしっかり拭き取る
  • 直接日光の当たらない場所にて常温保管
  • 火のそばには置かない
  • 本体のかたよりを防ぐため、フラットな場所に置く

来年の夏も快適安全に使うためには、使わない間の保管の仕方が重要です。

冷凍庫で保管してしまうと凹みによる変形やにおいなどの問題が出てきます。洗い方が雑な場合も、破裂や液漏れの危険があるので気を付けましょう。

中身はオイルなので漏れるとベタベタになりますよ!

中身がオイルなので引火に気を付けなければなりませんが、引火点は51℃なので火のそばで保管しなければ大丈夫です。

アイスリングは冷凍庫に入れっぱなしで大丈夫?使わない時の保管方法を紹介!まとめ

長く使わないときのアイスリングは、冷凍庫に入れっぱなしは良くないことが分かりましたね!

丁寧に汚れを洗った後、日の当たらないフラットな場所で常温保管するようにしましょう。

夏場に使うときは、冷蔵保管でも冷凍保管でもかまいません。

便利なアイスリングは正しい保管方法で丁寧に扱えば、長年ずっと使い続けることができますよ!劣化も防げて液漏れする確率も減ります。

暑い夏を快適に乗り切るために、上手に使用保管したいものですね!