この記事には広告が含まれています
やばい

神風のお酒はやばい!一発で酔うし危険性が高いって本当?

神風は、飲むと一発で酔ってしまうお酒でやばいと、一部の人から恐れられています。

神風という名前は、かつての日本の特攻隊が由来なのだとか。

ちょっと警戒してしまいますよね。

ネーミングも刺激的で、飲むと簡単に酔ってしまうなんて、本当に神風というお酒はやばいのでしょうか?

この記事では、神風のレシピや度数などを調べ、危険なお酒なのかどうかを検証します。

神風のお酒はやばい?

戦闘機

神風のお酒がやばいと言われるのはなぜなのでしょうか?

その理由は、以下の2つと考えます。

  • ネーミングがやばい
  • すぐに酔うからやばい

順番に見ていきましょう。

ネーミングがやばい

神風の名前の由来は、日本の「神風特攻隊」に由来しています。

神風特攻隊とは、第二次世界大戦で登場した日本の特別攻撃隊。
戦闘機で隊員もろとも敵艦に体当たりするという作戦で、アメリカを中心とする連合軍を恐怖させました。

神風の鋭い飲み口から、この名前がついたそうです。

和名のカクテルですが、発祥は日本ではなくアメリカ。
アメリカから見た神風特攻隊は、それだけ刺激的な存在だったのでしょうね。

※米軍占領時代に、横須賀基地で発祥したものという説もあります。

他にも、戦争に関わる名前のカクテルとして以下のものがあります。

カクテル レシピ 名前の由来
フレンチ75 ジン+シャンパン+レモンジュース+シュガーシロップ 第一次世界大戦時のフランスが発祥。口径75mmの大砲が由来
サイドカー ブランデー+ホワイトキュラソー+レモンジュース 第一次世界大戦時フランスの将校が、サイドカーで退却するときに飲んだと言われる
パールハーバー ウォッカ+メロンリキュール+パイナップルジュース 第二次世界大戦の、日本の真珠湾攻撃が由来

すぐに酔うからやばい

神風は飲むとすぐに酔ってしまい、やばいという声があります。

いくつかご紹介します。

神風のお酒は一発で酔うし危険?

ウォッカ

神風は、一発で酔ってしまうと恐れる一部の声を紹介してきました。

一体何が入っているのか、気になりますよね。

そこで、神風のレシピと、その味わいについて調べてみました。

神風のレシピ

神風のレシピは、以下です。

  • ウォッカ 20ml
  • ホワイトキュラソー 20ml
  • ライムジュース 20ml
  • 氷 適量
  1. シェイカーにウォッカ、ホワイトキュラソー、ライムジュース、氷を入れる。
  2. シェイカーでシェイクして、冷やしておいたロックグラスに注ぐ。

神風のアルコール度数は、25度前後。

カクテルの中でも、アルコール度数が高めです。

神風という名前の日本酒も存在しますが、まったくの別物で、こちらのアルコール度数は15度です。

神風はどんな味?

味については、以下のような声があります。

  • 爽やかで飲みやすい
  • 辛口でキレがある
  • スポーツドリンクに味が似ている

飲みやすい味なので、お酒の弱い方がうっかり飲みすぎてしまうことが心配ですね。

クラシックなレシピを採用しているお店では、ウォッカの量が多く、アルコール度数もより高くなる場合があります。オーダーするときは、バーテンダーさんに確認してみるとよいでしょう。

神風のお酒はどんな人が飲んでる?

バーテンダー

神風を好んで飲むのは、どのような人でしょうか?

以下に、神風を飲む人の傾向や、飲むのにおすすめのシーンを挙げます。

男性や若者

カクテルですが、辛口なので男性からのオーダーが多いとか。

海外では、酔って盛り上がるために若者がショットで飲むこともあるそうですよ。

カクテル言葉を意識する

神風のカクテル言葉は、
「あなたを救いたい」

名前の由来は戦争に関わるものですが、誰かを思いやる気持ちを表現することが出来ます。
恋人や友人など、大切な人を元気づけたいときにおすすめですよ。

他にも、カクテル言葉の意味が似ているカクテルをご紹介します。

カクテル レシピ カクテル言葉
ブルドック ウォッカ+グレープフルーツジュース あなたを守りたい
フローズンマルガリータ テキーラ+ホワイトキュラソー+ライムジュース+砂糖+塩 元気を出して
ベルモント ジン+生クリーム+グレナデンシロップ 優しいなぐさめ

神風のお酒はやばい!一発で酔うし危険性が高いって本当?まとめ

ライム

今回は、神風の由来やレシピ、カクテル言葉について解説し、関連するカクテルについてもご紹介しました。

神風は、その鋭い飲み口から、日本の神風特攻隊の名がついたカクテルです。

飲みやすいけれど、ウォッカベースでアルコール度数が高く、一発で酔う人もいます。

神風というお酒がやばいと言われるのはそのためです。

飲みすぎないように注意すれば危険なお酒ではないので、飲んだことのない方はぜひ試してみてくださいね。