この記事には広告が含まれています
やばい

マクドナルドの鳥肉はやばい?肉の正体や危険性を調査!

子供からおじいちゃんおばあちゃんまでみんな大好きなマクドナルド。ハンバーガーもポテトもチキンナゲットも、笑顔になる美味しさですよね!

ところがそんなマクドナルドの鳥肉がやばいという悲しい噂が拡散しています。

あんなに美味しいのに、鳥肉がやばいとはどういう意味なのでしょうか?まさか鳥ではなくてワニの肉とかではないでしょうね?

ここでは肉の正体や使われている鳥肉の危険性などについて調べてみます。

マクドナルドファンの人は要チェックです!

マクドナルドの鳥肉はやばい?

マックナゲット食べ物

マクドナルドの鳥肉がやばいと言われている理由は、海外の事件が関係しています。

  • 中国の食品会社が消費期限切れの鳥肉を使用
  • アメリカでのマックナゲットにピンク・スライムが使用されていた?
  • メキシコでハンバーガーにネズミの頭のような異物が入っていた?

どれも日本国内での話はありません。順番に見ていきましょう。

マクドナルドチキンナゲット事件

こちらは2014年の事件。
使用期限切れの鳥肉を使っていたのは、上海福喜食品有限公司です。

確かにマクドナルドは、国内で使用する「チキンマックナゲット」の約2割を輸入していました。

しかしこの事件をきっかけにマクドナルドは2014年、「上海福喜食品有限公司」への発注を中止しましたよ!

マックナゲットは肉じゃない?

アメリカのマックナゲットに、ピンクスライムが使われていた?とい噂がありました。
結論から言うと、このピンクスライムが使用されていたといのは風評です。

そもそも多くの食品会社は、廃棄する牛肉の部位を再利用しているとのこと。遠心分離機で肉と脂肪分を分けて、材料に使っている。

このことを2010年にアメリカのテレビ番組で、イギリス人シェフのジェイミー・オリバー氏が暴露しました。

この部位のことを「LFTB(lean finely textured beef:きめの細かい牛肉)」、俗称ピンク・スライムと呼びます。

この番組をきっかけに、マックナゲットの鳥肉も捨てるはずの“牛肉”の部位「ピンクスライム」を使っているのではないかとの指摘があったのです。

実際のところ、ピンクスライムは使われていません。

ネズミの頭のような異物が入っていた?

メキシコでハンバーガーにネズミの頭のような異物が入っていた?というニュースがありました。

日本でも、マクドナルドの肉はネズミやミミズの肉だという話を聞いたことがありませんか?ひどくなると人肉だという話まであります。

これはメキシコでマクドナルドのハンバーガーを食べていた客が、肉の中にネズミの頭のような異物が入っていたと主張したニュースが始まりのようです。しかし信ぴょう性はありません。

そもそも、ミミズのような小さな生き物の肉をあんなに大量なハンバーガーの肉に使うことはできません。ネズミにしても、1匹から取れる肉の量は微々たるものです。

ですのでネズミ肉という噂は都市伝説的なものと判断して良いでしょう。

マクドナルドの鳥肉の正体(原料)は?

鳥と素材

実際のところ、マクドナルドの鳥肉はやばいのでしょうか?まずはその正体について、しっかり調査していきます。

結論から言うと、マックナゲットの原料はタイの指定農場で厳しい衛生管理のもとに飼育されたタイ産の鳥肉を使用しています。

2014年7月25日(金)をもって、マクドナルドは中国製チキン商品の販売を中止しています。

従来はムネ肉とモモ肉、皮を組み合わせて使用していました。しかし現在はムネ肉と皮のみを使い製造しています。海外で噂があったようなピンクスライムやネズミ肉は、当然のことながら一切使われていませんよ!

ちなみにマックナゲットは、「外はカリッとゴールデンブラウン、中はジュワッとジューシー」がコンセプトです。

やみつきになるジューシーでカリッとした出来上がりには、マクドナルドオリジナル開発の“特別な天ぷら粉”を使っていることが秘策のようです。

マクドナルドの鳥肉に危険性はある?

菌とリスク

マクドナルドのチキンマックナゲット®、チキンフィレオ®に使われているタイ産の鳥肉。果たして危険性はあるのでしょうか?

結論として、危険性はありません。

まず取引しているタイの農場では、厳しい規格に沿った飼育が成されています。そしてタイの工場においても、マクドナルドの品質管理システムに基づき高レベルでの品質管理と衛生管理を実施しています。

とは言えマックナゲットは揚げており、不健康ではという見解もあるでしょう。確かに高カロリーで塩分量もあるのは否めません。

しかし実は鳥肉は非常に栄養価の高い食材です。そしてマックナゲットにも、多くの栄養成分が含まれていますよ!

<マックナゲット100g相当の栄養成分>

  • エネルギー:270kcal
  • たんぱく質:15.8g
  • 脂質:17.2g
  • 炭水化物:13.1g
  • 食塩相当量:1.3g
  • ナトリウム:506mg
  • カリウム:262mg
  • カルシウム:10mg
  • リン:253mg
  • 鉄:0.5mg
  • ビタミンA:23μg
  • ビタミンB1:0.09mg
  • ビタミンB2:0.10mg
  • ナイアシン:7.1mg
  • ビタミンC:1mg
  • コレステロール:63mg
  • 食物繊維:0.9g

鳥肉は他の肉類よりもたんぱく質が多いです。たんぱく質は筋肉をはじめ体を作るための重要な栄養素と言えます。

鳥肉は疲労回復にも良いとされていますよ!

これだけたくさんの栄養成分がマックナゲットを食べると摂取できるのです。危険な食べ物ではないですよね!

マクドナルドの鳥肉はやばい?肉の正体や危険性を調査!まとめ

 

バーガー食べる

このように、マックナゲットをめぐる海外のネガティブニュースのために、マクドナルドの鳥肉がやばいと言われたことが分かりました。

とは言え実際は、鳥肉の正体はタイ産の良質なもの!そして安全性の高い工場にて製造しています。疲労回復にも良い鳥肉。危険性もやばい心配もなく、安心ですね!

怖い風評に負けることなく、マクドナルドは今も全国で大人気!ドライブスルーも行列ですよね!

さぁ今日も、家族で美味しいマクドナルドで笑顔になりましょう!