この記事には広告が含まれています
お役立ち

モアリップの再販はいつでどこに売ってる?販売終了の理由がやばい?

女性 リップ

なかなかモアリップの代わりになるリップが見つからず、モアリップの再販はいつ?と、待ちわびているかたも多いと思います。

モアリップの代わりになる同じような成分のリップもありますが、使い心地などは全く一緒ではないので、やっぱりモアリップがいい!と、いつ再販するのかと望む声もたくさん見かけますね。

結論から言いますが、モアリップは2023年10月より再販されています。

ただ人気のリップなので店舗によっては在庫切れになる可能性もありますね。

通販でも販売されているので、どうしてもモアリップでないとダメという方は通販でいち早くゲットしてしまいましょう!


記事では、モアリップの再販の詳細と、モアリップN以外のものは買うことができるのかなど、リサーチしてみたので参考にしてみてくださいね。

モアリップの再販はいつ?再開はある?

モアリップ

出典:資生堂薬品株式会社

モアリップは、2023年10月1日より販売を再開しています。

資生堂薬品のHPにも案内がでていますよ。

「モアリップN」(第3類医薬品)の再販売に関するお知らせ

2022年6月より自主回収させていただいておりました「モアリップN」(第3類医薬品)について、2023年10月1日より販売を再開することといたしました。
販売再開にあたって、下記の通り、再販売品の見分けができるように個箱及びチューブのデザインを変更させていただきます。
なお、再販売品は自主回収対象外となります。
お客さまやお取引先さまの皆さまには多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、改めてお詫び申し上げます。
今後とも変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

2023年10月 資生堂薬品株式会社

引用:資生堂薬品株式会社

 

モアリップ 再販

私もウエルシアやスギ薬局で、販売再開されているのを発見しました。

「わー、モアリップだ!」と嬉しくなり、ついつい写真をパチリ。

愛用している友だちもモアリップの再販をずーっと待ちわびていたので、早速連絡しちゃいました。

再販売品の見分けができるように個箱及びチューブのデザインが変更になっているようですね。

モアリップ 再販

1個ケース底面の製造記号及び使用期限捺印スペース色が黒、本体チューブに記載されている販売名モアリップNの文字色がピンク色になっているのが再販売品です。

私が見かけたモアリップも、黒くなっていましたよ。

ネットも確認してみましたが販売再開されていたので、お探しの方は、チェックしてみてくださいね。

モアリップはたくさんの方に愛用されているので、「待っていました!」という声もたくさん出てきています。

乾燥が気になってくる季節にも嬉しいですし、本当によかったです。

モアリップの再販はどこに売ってる?

通販

私がリサーチしたところでは、以下の店舗や場所でモアリップが販売されているという情報がありました(場所によっては販売されていないかもしれません)。

私もスギ薬局で買いましたよ。

  • スギ薬局
  • ウエルシア
  • マツキヨ
  • 通販

楽天やamazonなどでも販売されているので、売り切れる前に購入しておきましょう。


 

モアリップの自主回収や販売終了の理由は?

モアリップ

出典:資生堂薬品株式会社

モアリップの自主回収の理由は、
有効成分の1つが、承認規格を下回る可能性があると確認されていたからです。

一体どういうことなのか、詳しくみていきましょう。

モアリップ自主回収理由

モアリップNは自主回収されていましたが、その理由はどうしてなのでしょうか?

有効成分の1つのピリドキシン塩酸塩が、経時変化によって承認規格を下回る可能性があると確認されているからです。

「モアリップN」(第3類医薬品)の自主回収に関する
お詫びとお知らせ

平素は弊社商品に格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、株式会社資生堂が2020年1月に製造販売承認を取得し、製造販売する「モアリップN」(第3類医薬品)について、長期安定性試験を実施した結果、有効成分の一つであるピリドキシン塩酸塩の含有量が経時変化により承認規格を下回る可能性があることが確認されました。現時点では承認規格に適合していますが、あらかじめ市場にある全ての対象商品を自主回収することといたしました。

引用:資生堂薬品株式会社

健康被害が発生することや報告等もないようなので、今まで使っていたかたも過度に心配されることはなさそうです。

なお、当該成分の含有量低下による健康被害が発生するおそれはありません。また、現在までに本件に起因する健康被害等の報告はございません。
本商品をお買い上げいただきましたお客さまは、下記対応方法をご確認のうえ、誠にお手数をおかけいたしますが下記専用窓口までご連絡いただきますようお願い申し上げます。
店頭での対応は行っておりませんので、ご了承願います。

引用:資生堂薬品株式会社

もしお手元にモアリップNがある際は、確認してみてくださいね。

■回収対象商品JANコード

4987415267500、4987415027500、4987415339061
4970511244032、4987415688503

詳細は、資生堂薬品株式会社HPにてご確認下さい。

モアリップ販売終了理由

では、モアリップが自主回収になり販売終了していた理由は、なぜなのでしょうか?

販売中止になっていた理由は、
ピリドキシン塩酸塩含有量が下回る可能性があったため。

モアリップは第3類医薬品として発売しているので、基準値を下回ると発売できません。

ピリドキシン塩酸塩含有量が下回る可能性があるだけで、現時点では承認規格に適合しているのに、なぜ回収するのだろう?と思う人もいますよね。

モアリップは第3類医薬品なので規格が厳しいと思われます。

製品をしっかりとチェックし、基準を下回る可能性が少しでもある製品は販売しないということですね。

モアリップの種類

モアリップには、自主回収されている「モアリップN」の他にも、実は以下の種類があるんです。

  • モアリップA、W、L、C

自主回収の対象になっていたのは、こちらのモアリップN。

モアリップ

出典:資生堂薬品株式会社

成分は同じで卸元や販売店によって、名前やパッケージが異なっているようです。

・モアリップA・・AJD(オールジャパンドラッグ)のPB(プライベートブランド)商品

・モアリップW・・ウエルシア薬局のPB商品

モアリップNとA、W、L、Cは卸元が違っても成分は同じなので、こちらは自主回収の対象外ですが、モアリップ全体がしばらく店頭から消えていましたよね。

現在は、こちらも販売再開されていました!

モアリップの再販はいつでどこに売ってる?販売終了の理由がやばい?まとめ

モアリップ

出典:資生堂薬品株式会社

モアリップの再販はいつでどこに売ってる?販売終了の理由がやばい?は、いかがだったでしょうか。以下まとめますね。

モアリップは2023年10月1日から販売再開している。

・モアリップの自主回収理由は、有効成分の1つが、承認規格を下回る可能性があると確認されたから。

・モアリップの販売中止の理由は、ピリドキシン塩酸塩含有量が下回る可能性があり、モアリップは第3類医薬品なので規格が厳しいからと思われる。

モアリップは、2023年10月1日から販売再開しています。

再販を待ちわびている方もたくさんいたので、これはとっても嬉しいですね。

まだまだ取扱店舗も少ないかもしれないので、モアリップの代わりとなる似た成分のリップも合わせてチェックしてみてくださいね。