この記事には広告が含まれています
お役立ち

バターのいとこの賞味期限は?賞味期限切れの味はどうなる?

無脂肪乳を主原料にしたお菓子「バターのいとこ」は人気ですよね!“ふわっ・シャリッ・とろっ”の食感とミルクジャムがたまらないとのこと。

そんなバターのいとこの賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

また賞味期限が切れても美味しく食べられるのか気になりますね。

バターのいとこの賞味期限について、賞味期限の味はどうなるのかもリサーチしました。

バターのいとこの賞味期限は?

バターのいとこ

バターのいとこの賞味期限は約10日間ですが、種類によっても多少異なります。

バターのいとこ ミルク味 製造から約10日間
バターのいとこ チョコ味 製造から約10日間
バターのいとこ あんバター味 製造から約10日間
いとこのラスク 製造から約2週間
いとこのグラノーラ 製造から約1ヶ月

お土産やギフト用に購入する場合は、できるだけ賞味期限が長い種類を選ぶほうが良いですね!

すべて、包装されている状態での賞味期限です。封を開けてしまったら、すぐに食べなければ湿ってしまいますね。

また通販で購入する場合は、発送日からの賞味期限指定になるので気を付けましょう。

また店舗でのバラ売りにおいては、「当日が賞味期限」となっているお店もあります。食べ歩きに良いですね!

バターのいとこの賞味期限切れはおいしい?

バターお菓子

結論から言うと、バターのいとこはバターをたくさん使っているので、賞味期限が過ぎると酸化しやすくなり、味は落ちてしまいます。

食べられないわけではないですが、やはり決められた賞味期限内が美味しいでしょう。

とは言え食べてしまうのが勿体なくて、日にちが経ってしまうこともありがちですよね。

推奨はされていませんが、冷凍保存すれば、賞味期限過ぎても解凍して食べることが可能です。

バターのいとこの保存方法も要チェックですね。

小袋に分けて冷凍しておく方法もあります。食べるときは自然解凍で大丈夫です。

トーストしたり反対に冷蔵庫で冷やしたりと、お好みの食べ方もいろいろですね!

バターのいとこが買える穴場場所は?

デパートお店

バターのいとこは栃木の那須の名産ですが、大阪や東京など買える場所もありますよ。

もちろん、通販でも購入可能。

詳しくは、バターのいとこが買える場所は?をチェックしてくださいね。

バターのいとこの賞味期限は?賞味期限切れの味はどうなる?まとめ

バターのいとこの賞味期限は、種類によっても違いますがだいたい10日~2週間ということでした。

バターのいとこ ミルク味 製造から約10日間
バターのいとこ チョコ味 製造から約10日間
バターのいとこ あんバター味 製造から約10日間
いとこのラスク 製造から約2週間
いとこのグラノーラ 製造から約1ヶ月

賞味期限切れの味は、やはり落ちてしまいますね。バターを使っているからこそ、酸化してしまうと風味が損なわれます。

冷凍保存という手もありますが、できるだけ賞味期限内に食べたほうが良さそうですね!

バターのいとこは、疲れたときに癒されるお菓子ですね!