この記事には広告が含まれています
ボディケア

ガードナーベルト症候群って何?つけっぱなしは逆効果?

「ガードナーベルト症候群」という言葉を聞いたことがありますか?

ガードナーベルト症候群とは、ガードナーベルトに頼りすぎてしまい、装着していないと生活できない状況のことです。

とてもつけ心地がよくて、ずっとつけていたくなると口コミでも評判のガードナーベルト

では、どうすればいいのでしょうか?つけっぱなしは逆効果なのでしょうか。

つけっぱなしだとどうなるのかや、ガードナーベルト症候群にならないためにはどうしたらいいのかなど

詳しく解説していきますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

\お得に買えるのはココの公式だけ/今すぐガードナーベルトを公式で見てみる
▲公式限定!14日間の返品・交換保証付

ガードナーベルト症候群って何?

ガードナーベルト

出典:ガードナーベルト公式サイト

ガードナーベルト症候群とは?

ガードナーベルト症候群とは、ガードナーベルトなどのサポーターに頼りすぎて、装着していないと通常の生活がしづらくなる状況のことです。

症候群という言葉が、なんだかちょっとこわいですよね。

これは、ガードナーベルトだけではなくサポーター全般に言われていることで

その依存が著しくなると症候群となり、危険性やデメリットもうまれてくる可能性があります。

では、ガードナーベルトをつけっぱなしだとどうなるのか?詳しくみていきましょう。

ガードナーベルトをつけっぱなしだとどうなる?

どうなる?疑問

ガードナーベルトなどのコルセットをつけっぱなしだと、

筋力低下の原因となり、筋肉の衰えを引き起こす可能性があるとも言われています。

長期間のコルセットの使用は、脊柱の動きを過剰に制限し、可動性・柔軟性の低下や体幹周囲の筋力が低下することが懸念されます。

この点についても現時点で十分な科学的な根拠はありませんが、身体を維持するためにはいろいろな運動を行うことが望ましいため、必要のない時間帯は装着しない方が良いでしょう。

引用:マイナビコメディカル

現時点では十分な科学的な根拠はないようですが、必要のない時間は外したほうがよさそうですね。

腰の痛みが軽くなってきたら、ベルトに頼らずに適度に運動も行うことがベストのようです。

また運動量が変わらなければ筋力は落ちないともいわれています。

長期的にコルセットを使用することで体幹の運動機能にどのような影響を与えるかについて調査した結果、「1~6ヶ月使用しても悪影響はない」ことが示されています。しかし、調査した論文の質が低いため今後の研究が必要と結論しております。

引用:中青木整形外科ブログ

ガードナーベルト症候群と呼ばれるものにつながる可能性もありますが

正しい使い方をすれば、ガードナーベルトのおかげで正しい姿勢に矯正され、インナーマッスルを鍛える効果もあります。

1日何時間つけていい?

何時間という決まりは明記されていませんが、つけっぱなしで寝ることは推奨されていません。

公式サイトにも記載されているので、下記を参考にしてみてくださいね。

睡眠時は外すのが基本です。
日中での使用を想定して設計されておりますので、過剰固定のまま無意識で長時間いると、血流が悪くなる可能性がございます。

使用する場合、ご自身の体調に合わせて試しながら最初は固定を弱めにしながら試してください。
もし痛みや不調・違和感などが出た場合すぐに外してください。

引用:ガードナーベルト公式サイト

寝るときにガードナーベルトをつけていると、血行不良による冷えやむくみ、蒸れによる肌トラブルなどが起こる可能性があります

また、長時間締め付けることで腹部が圧迫され、質の良い睡眠が取れない可能性もあるので注意が必要です。

もし寝るときも使用する場合は、肌に直接触れないようにして、体調に合わせて最初は固定を弱めにし、痛みや違和感があればすぐに外すようにしましょう。

つけっぱなしは逆効果?

ガードナーベルトをつけているととても快適なので、ついつい頼りがちになってしまいますよね。

ですが、過度に頼り過ぎてしまうと、ガードナーベルト症候群などになってしまうこともあるので、

運動やストレッチをするサポートのひとつとして着用していくことが大切です。

腰のサポーターとして使用している方は、腰の筋力を鍛えることで、ガードナーベルトに頼らずに自分の筋力で腰を支えられることを目指すといいですね。

まずは、動きやすい時や痛みが少ない時に少しずつ外しながら様子をみて、調整していくのがおすすめです。

\お得に買えるのはココの公式だけ/今すぐガードナーベルトを公式で見てみる
▲公式限定!14日間の返品・交換保証付

ガードナーベルト症候群を防ぐ方法

腰を抑える女性

ガードナーベルト症候群を予防するには、いくつか注意点があります。

①体型に合わせたサイズを選ぶ

②正しい装着方法を守る

③長時間の使用に注意して適度にはずす時間を作る

過度に頼り過ぎないようにする

正しい装着方法で、長時間の使用に注意して皮膚への圧力を軽減するため適度に休憩をとることが大切ですね。

まず、個人の体型に合わせたサイズを選ぶということもポイントです。

公式サイトの動画でも詳しく解説されているので確認してみてください。

正しい装着方法なども、詳しく動画で説明されていますよ。

ガードナーベルトを常に装着している場合でも、

腰の筋力を鍛えてガードナーベルトに頼らずに自分の筋力で腰を支えられるようにしていきましょう。

また、ベルトの使用を急にやめると腰に負担がかかり、痛みが再発する可能性があるので

使用時間を徐々に減らしながら、ご自身の体調など様子をみながら調整してくださいね。

ガードナーベルトの力を借りつつ、腰の筋力を自分自身で高め

ベルトに頼り過ぎないようにすることで、ガードナーベルト症候群の予防にもなります。

ガードナーベルトは腰の負担の軽減や骨盤矯正、インナーマッスルを鍛えることができる効果的なベルトです。

正しい使用方法で、ガードナーベルト症候群に気をつければ、快適な生活を送ることができますよ。

ガードナーベルト症候群って何?つけっぱなしは逆効果?まとめ

ガードナーベルト

出典:ガードナーベルト公式サイト

ガードナーベルト症候群って何?つけっぱなしは逆効果?は、いかがだったでしょうか。

以下、まとめますね。

・ガードナーベルト症候群とは、ガードナーベルトなどに頼りすぎて、装着していないと通常の生活がしづらくなる状況のこと

・つけっぱなしだと、血行不良による冷えやむくみ、蒸れによる肌トラブルなどが起こる可能性がある

・ガードナーベルトに頼らず、自分の筋力で腰を支えられることを目指す

また、ガードナーベルト症候群を予防するためには下記のこと注意が必要です。

①体型に合わせたサイズを選ぶ

②正しい装着方法を守る

③長時間の使用に注意して適度にはずす時間を作る

過度に頼り過ぎないようにする

自分の症状にあった運動やストレッチをするサポートのひとつとして着用し

休憩をはさみながら、ガードナーベルトに過度に頼り過ぎないようにするといいですね。

まずは、自分に合ったサイズを選び、正しい装着方法で、適度に外す時間を作りながらインナーマッスルを鍛えていくことが必要です。

ガードナーベルトは、正しく着用すれば快適な生活へとサポートしてくれるベルトなので、ガードナーベルト症候群に注意しながら、試してみて下さいね。

\お得に買えるのはココの公式だけ/今すぐガードナーベルトを公式で見てみる
▲公式限定!14日間の返品・交換保証付